福岡市の労働問題相談に強い弁護士「光永法律事務所」。過労死や過労自殺・パワハラ自殺の労災申請、損害賠償、解雇、残業代未払いのことならお任せください。

〒810-0011 福岡市中央区高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル703
西鉄「薬院」駅、地下鉄七隈線「薬院」駅 徒歩3分

受付時間

9:00〜17:00
(土日祝祭日は除く)

FAX

無料相談を行っています

初回のご相談は無料です

092-534-5432

その他の事件関係

年月日

獲得成果

備考
(掲載紙等)

2016.10.18佐賀地裁,事前通告なく隣家でシロアリ駆除剤を散布して化学物質過敏症患者の体調を悪化させた業者に対し,約30万円の損害賠償を命じる判決。判例時報2347号122頁,朝日,佐賀,毎日,NHK,日経HB2016年12月号
2013.9.10福岡高裁,協会けんぽ事件の控訴審において逆転敗訴判決。ただし,「拒絶が違法であり,控訴人には回答等を行う義務があることを否定するものではなく,むしろ控訴人において速やかに上記義務を履行すべきである。」との異例の付言あり。

判例時報2258号58頁,

金融商事判例1440号39頁

金融法務事情1995号114頁

読売新聞

2013.4.10福岡地裁,用水路転落死亡事故につき,福岡県,春日市及び上村建設に対して約5000万円の損害賠償を命じる判決(控訴審で和解成立)。

判例時報2199号40頁

朝日新聞,西日本新聞

2013.4.9

福岡地裁,全国健康保険協会(協会けんぽ)が弁護士会照会に対する回答を拒否したことを違法と認め,賠償を命じる判決(全国4例目)。

判例時報2258号61頁

金融商事判例1440号47頁

金融法務事情1995号118頁

その他のページのご案内

私が弁護士になった理由や,当事務所の特徴についてご案内します。

当事務所の相談料や報酬基準についてご案内しております。

私がこれまで手がけた事件を分野別にご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

過労死、過労(パワハラ)自殺、労災事件、解雇問題などについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

092-534-5432

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

  • 夫は自宅で亡くなりましたが、職場でなくても、過労死は認められるのでしょうか。また、労災申請は可能ですか。
  • 仕事で怪我をしたので、労災申請を考えています。証拠の集め方など、何から始めれば良いか相談に乗っていただけますか。
  • なるべく穏便に済ませたいのですが、弁護士さんに相談する=必ず裁判になってしまうのでしょうか。
  • 突然会社から「解雇する」との連絡がありました。私の場合、不当解雇にあたるのか教えていただけますか。
  • パワハラ・セクハラで悩んでいます。

このようなご質問・ご相談でも結構です。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。