福岡市の労働問題相談に強い弁護士「光永法律事務所」。過労死や過労自殺・パワハラ自殺の労災申請、損害賠償、解雇、残業代未払いのことならお任せください。

〒810-0011 福岡市中央区高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル703
西鉄「薬院」駅、地下鉄七隈線「薬院」駅 徒歩3分

受付時間

9:00〜17:30
(土日祝祭日は除く)

FAX

無料相談を行っています

初回のご相談は無料です

092-534-5432

過労死・過労自殺・過労うつ事件関係 

年月日

獲得成果

備考
(掲載誌等)

2017.8.31福岡東労基署,専門商社従業員の過労自殺を労災と認定。 
2017.7.3福岡地裁で,編集者の精神疾患損害賠償請求事件につき訴訟上の和解成立。 
2016.11.10福岡高裁,糸島市職員の過労自殺につき,遺族全面敗訴とした一審判決を取り消し,市に1650万円(遅損金含め2200万円)の賠償を命じる逆転勝訴判決。労働判例1151号5頁,NHK,西日本新聞,朝日,読売,毎日,日経。
2016.11.4熊本労基署,建設会社従業員の過労自殺を労災と認定。

 

2016.4.27福岡地裁,飲食店従業員の過労・パワハラ自殺につき,4350万円の賠償を命じる判決。労働判例1148号58頁,西日本新聞
2016.3.30福岡地裁で,飲食チェーン店に対するパワハラ・過労自殺損害賠償請求事件の訴訟上の和解成立。 
2016.2.29福岡東労基署,物流会社の女性パート従業員の過労による精神障害発病を労災と認定。 
2015.3.31福岡地裁で,大手コールセンターに対する過労うつ損害賠償請求事件のにつき訴訟上の和解成立。 
2014.10.1福岡地裁,トラック運転手の心臓突然死につき,福岡東労基署の処分を取消し,業務上災害と認める判決(国に勝訴)。

労働判例1107号5頁

判例時報2251号99頁

NHKラジオ

2014.9.3福岡東労基署,大手引越会社従業員の過労うつを労災と認定。 
2014.8.1福岡東労基署,焼肉チェーン店員のパワハラ・過労自殺を労災と認定。 
2014.2.4熊本簡裁において,熊本市の建設会社に対する過労自殺損害賠償請求事件の民事調停(和解)成立。 
2013.12.25福岡地裁において,ANAクラウンプラザホテル福岡に対する過労自殺損害賠償請求事件の訴訟上の和解成立。 
2013.9.30福岡中央労基署,化粧品会社営業職員の過労自殺を労災と認定。 
2013.9.25福岡東労基署,飲食店従業員のパワハラ・過労自殺を労災と認定。 
2013.8.2久留米労基署,JA筑前あさくらに勤務していた男性職員・髙着裕之さんの過労自殺を労災と認定。(→2014.6.23にJAに対する民事損害賠償請求提訴)朝日新聞,西日本新聞,読売新聞,毎日新聞,KBC,RKB,TNC等
2013.7.4アドバンストラフィックシステムズ(旧ニューメディア総研)事件,福岡高裁において,「一審判決を前提に,会社が責任を認めて再発防止を約束して解決金を支払う」との内容で和解成立。西日本新聞,毎日新聞
2013.3.15地方公務員災害補償基金福岡県支部,福岡県糸島市役所男性職員の過労自殺を公務災害と認定(→11.19に糸島市に対する国家賠償請求提訴)。毎日新聞,読売新聞,西日本新聞,NHK,RKB等
   
2012.12.21対馬労基署,長崎県対馬市の工場に勤務していた男性従業員の過労自殺を労災と認定。 
2012.10.11福岡地裁,(株)アドバンス・トラフィック・システムズ社(旧(株)ニューメディア総研)の女性SEの過労死をめぐる損害賠償請求訴訟につき,6800万円余(過失相殺ゼロ)の完全勝訴判決を命じる。

労働判例1065号51頁

判例時報2181号97頁

西日本新聞

2012.10.11福岡中央労基署,福岡市内のサービス業の男性従業員の過労によるうつ病発症を労災と認定。 
2012.10.5熊本労基署,熊本市の建設会社に勤務していた男性現場監督の過労自殺を労災と認定(→13.6.24に会社に対する損害賠償請求を求めて民事調停申立)。 
2012.5.31福岡中央労基署,福岡商工会議所に勤務していた男性職員の過労による脳障害発症を労災と認定(→13.7.22に商工会議所に対する損害賠償請求提訴)。毎日新聞,共同通信
2012.4.11福岡地裁において,福岡県内のタクシー会社に対する過労死損害賠償請求事件の訴訟上の和解成立。 
2011.3.9福岡中央労基署,ANAクラウンプラザホテル福岡に勤務していた経理課長の過労自殺を労災と認定
(→2011.12月に会社に対する損害賠償請求提訴)
西日本新聞,NHK
2010.9.29福岡高裁,福岡県農林事務所職員の過労自殺事件につき,一審を維持し基金側の控訴を棄却(遺族側勝訴確定)。 
2009.10.28福岡地裁,福岡県の農林事務所に勤務していた男性職員の自殺につき,公務外処分とした地方公務員災害補償基金福岡県支部の決定を取り消す判決を命じる。労働判例1015号98頁

2009.9.9

福岡中央労基署,(株)ニューメディア総研に勤務していた女性SEの過労死を労災と認定
(→2010.3月に会社に対する損害賠償請求提訴)

 

一般労働事件関係

年月日

獲得成果

備考
(掲載紙等)

2017.10.27福岡地裁で,警備会社従業員の脚立作業による頚肩腕症候群発症につき,会社が480万円を支払う内容の訴訟上の和解成立。 
2017.8.10

中古車販売会社の従業員が,胴上げ落としを受けて右手骨折した件で,労災獲得後,470万円の示談成立。

 
2015.9.11トラック運転手の試用期間中の解雇につき,労働審判で解雇撤回&解決金支払を内容とする調停成立。労働判例1133号93頁
2014.12.25福岡地裁,偽装請負による高所作業中に転落した労働者の労災事故につき,派遣先と派遣元双方の責任を認め,700万円の支払を命じる判決(環境施設ほか事件)。労働判例1111号5頁
2014.4.21スーパーの鮮魚売場の店長(名ばかり管理職)の残業代請求につき,労働審判で180万円の調停成立。労働判例1092号106頁
2013.11.13福岡地裁,最中焼成作業中に機械を指に挟まれ重度の火傷を負った新人従業員の労災事故につき,会社と代表取締役に192万円の支払を命じる判決(種広商店事件)。労働判例1090号84頁
2013.9.19福岡地裁,勤務社労士に対する試用期間中の解雇(本採用拒否)を無効とし,判決確定までの賃金の支払を命じる判決(社労士法人パートナーズ事件)。労働判例1086号87頁
   
2012.10.23福岡地裁で,工場内のフォークリフト接触労災事故につき,会社が2800万円を支払う内容の訴訟上の和解成立。 
2011.3.10福岡高裁第5民事部,女子学生に対する採用内々定取消(コーセーアールイー第2事件)につき,一審に続いて違法性を認める判決(賠償額は減額。)。労働判例1020号82頁
2011.2.16福岡高裁第4民事部,男子学生に対する採用内々定取消(コーセーアールイー第1事件)につき,一審に続いて違法性を認める判決(賠償額は減額。)。

労働判例1023号82頁

判例時報2121号137頁

判例タイムズ1363号90頁

2010.6.2福岡地裁,採用内々定取消しを違法と認め,損害賠償を命じる日本で初めての判決(コーセーアールイー第1事件・第2事件)。

労働判例1008号5頁

判例時報2121号

判例タイムズ1363号93頁

2009.5.11福岡地裁,新卒女子学生に対する採用内々定取消に関し,「実質的に内定と同視できる」として,解決金の支払いを命じる労働審判(コーセーアールイー第2事件)新聞各紙(全国版),
TV全国ニュース

2009.4.13

福岡地裁,新卒男子学生に対する採用内々定取消に関し,解決金の支払いを命じる労働審判(コーセーアールイー第1事件)

新聞各紙(全国版),
TV全国ニュース

その他の事件関係

年月日

獲得成果

備考
(掲載紙等)

2016.10.18佐賀地裁,事前通告なく隣家でシロアリ駆除剤を散布して化学物質過敏症患者の体調を悪化させた業者に対し,約30万円の損害賠償を命じる判決。朝日新聞,佐賀新聞,毎日新聞,NHK,日経ホームビルダー2016年12月号
2013.9.10福岡高裁,協会けんぽ事件の控訴審において原告の請求を棄却する逆転敗訴判決。ただし,「拒絶が違法であり,控訴人には回答等を行う義務があることを否定するものではなく,むしろ控訴人において速やかに上記義務を履行すべきであることについて,当裁判所は強く付言するものである。」との異例の付言あり。

判例時報2258号58頁,

金融商事判例1440号39頁

金融法務事情1995号114頁

読売新聞

2013.4.10福岡地裁,用水路転落死亡事故につき,福岡県,春日市及び上村建設に対して約5000万円の損害賠償を命じる判決(控訴審で和解成立)。

判例時報2199号40頁

朝日新聞,西日本新聞

2013.4.9

福岡地裁,全国健康保険協会(協会けんぽ)が弁護士会照会に対する回答を拒否したことを違法と認め,賠償を命じる判決(全国4例目)。

判例時報2258号61頁

金融商事判例1440号47頁

金融法務事情1995号118頁

その他のページのご案内

見てほしいページの名前

当事務所の◯◯についてご案内しております。

弁護士費用

当事務所の相談料や報酬基準についてご案内しております。

事件実績

私がこれまで手がけた事件を分野別にご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

過労死、過労(パワハラ)自殺、労災事件、解雇問題などについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

092-534-5432

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)

  • 夫は自宅で亡くなりましたが、職場でなくても、過労死は認められるのでしょうか。また、労災申請は可能ですか。
  • 仕事で怪我をしたので、労災申請を考えています。証拠の集め方など、何から始めれば良いか相談に乗っていただけますか。
  • なるべく穏便に済ませたいのですが、弁護士さんに相談する=必ず裁判になってしまうのでしょうか。
  • 突然会社から「解雇する」との連絡がありました。私の場合、不当解雇にあたるのか教えていただけますか。
  • パワハラ・セクハラで悩んでいます。

このようなご質問・ご相談でも結構です。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。